こんにちは。今日もとても寒いですね。急に冬が本気を出しました。がんばって雪を降らせています。
旦那がよく言いますが。『雪はスキー場と山にふればいい』と言っていますが、まったくその通りだと思います。雪がなければないで、余計に寒いのですけれど。

さて、私たちは先月披露宴を行った、新婚ほやほやの夫婦です。と言っても、披露宴を行うまで12年という長い年月をともにしています。
きっと、その辺の夫婦よりは長く一緒にいるのではないでしょうか。
私たちは専門学校で出会い、旦那を見たときの初めての印象は、『怖い感じの人、入学式でいびきをかいて寝ていた人。』というイメージでした。
だって、ピアスの穴は合計11個。そのうち一個は口にあって、唇から棘が生えていました。髪の毛も緑やオレンジなど、奇抜な色で、ごつい指輪にごついネックレス。
近寄りがたかったですし、話しかけられるとすごく怖かったです。私に気があるなんて思っても見ませんでした。
初めのころを思い出すと、こんなに真面目になって、一緒に披露宴をするだなんて。想像できませんよね(笑)
でも、一緒のデザイン学校を卒業して、卒業してからも色々な勉強をしてがんばっている旦那と結婚して、披露宴の会場も二人で作り上げて…あそこで諦めなかった旦那にとても感謝しています。